好きなもの

月から来ました

私は占いをカウンセリングのような感じでよく利用します。
半年に1回は行きます。

結婚して近くに友達がいない相談相手がいない私にとって、
話を聞いて下さる占い師さんは有難い存在です。

この間行ってきた占い師さんが
とても心に残りましたので、その時のことを書きます。

娘を妊娠中、近隣の騒音が気になりどうしようもなくなった
私は近所の占いに行きました。

騒音を止めるために私は何か行動したほうがいいのか、
知りたかったのです。
具体的には管理組合に言う、もしくは直接苦情を言いに行く等・・・

知人やのぶ夫に相談しても、それはやめておいた方がいいと言われ、
もやもや。

当時の私はとにかく「行動しなさい」と
背中を押してくれる”誰かが”欲しかったのだと思います。

そんなわけで、とある平日の午前中、
指名なしでタロットの先生に占っていただきました。

余談ですが、私はいつも手相占い以外で占っていただくようにしています。
昔、横浜の地下街の手相占いで「あなたは何か資格を取った方がいい」という
誰にでも言えるようなアドバイスをいただいてから、
なんとなく手相占いが苦手です(笑)

生年月日とニックネームを伝え、タロット開始。
結果は「行動しない方がいい」とのこと。

・・・やっぱりそうか~

知人やのぶ夫に言われても諦めなかったのに、
占いだと素直に信じてしまう私(笑)

するとおもむろに、手相を見せてとお言葉が。
過去のトラウマがよみがえりますが、
断るわけにもいかず、手を差し出しました。

しばらく手相を見た後、

「あなた地球人じゃないのよ」

「チキュウジンジャナイ」

突然、かつ衝撃的な言葉に思わず、聞き返してしまいましたが、
間違いではありませんでした。

私は地球人ではなかったのです。
そして

「月に関係してるのかもね」とのお言葉が。

「私は月から来たのでしょうか」

「そうかもね」

「!?」

何でも、騒音主の隣人は地球人、私は月から来た異星人のため、
感覚が異なる。

感覚が異なるということは、わかりあうことは難しいから、
騒音問題についてはやはり「行動しない方がいい」とのこと。

この日のことをのぶ夫に話したところ、
案の定、笑われました。

確かに笑い話かもしれないけれど、
私の中では、なんとなくしっくりくるイメージがありました。
というか、そう考えたら生き易いな、とも。

旅行気分で、この地球に来たのだとしたら、
いろんな経験をしたいと思う。

この苦しみもその旅行プログラムの一環だとしたら、
いい経験、として片付けられるんじゃないか、と。

もちろんそれから、騒音がまるっきり気にならなくなった
わけじゃありませんが、一つの考え方を得られて
少し気分が紛れるようになりました。

とりあえず月に帰った時のお土産話が出来ると考えて、
もうしばらく頑張って耐えることにします。。。

銀河英雄伝説Die Neue Theseってどういう意味?

銀河英雄伝説の新アニメの公式サイトが更新されましたね!

新アニメ名「銀河英雄伝説Die Neue These」

ディ・ノイエ・テーゼ・・・
え・・・ドイツ語!?

もしかして帝国側の視点と、同盟側の視点で別々にアニメ化されるのか?
と思いきや、どうやら現時点ではそうではないらしい。

ファーストシーズン「邂逅」は12話TV放送されて、
セカンドシーズン「星乱」は映画とな!?
しかも1回の上映につき4章ずつ、3回上映すると・・・。

・・・なんだか予想の斜め上でした。
第一印象は「お金ないのかなー」って感じです。

ファーストシーズンとセカンドシーズン合わせても24話分しかなく、
とてもじゃないけれど、全編再現は無理ですよね。

とりあえずファーストシーズンでファンをつけて、
セカンドシーズンの映画でお金を稼ごうって感じかなと思っちゃいました。

それでサードシーズン以降の製作費に充てるのかな。
まさか24話にすべてをつめこむわけではないよね。
不気味なのが、サブタイトルでもある「ディ・ノイエ・テーゼ」

ポチっと翻訳してみたところ

「新しい論文」だそうです。
新しい論文・・・新しい解釈みたいな意味かな(適当)

新アニメは銀河英雄伝説のダイジェストみたいな感じにして、
気になる人は旧作OVAか小説を読んでね!っと誘導する作戦なのか。

可能性は低いと思いますが。

そして楽しみにしていたビジュアルも公開!

どうしても旧作OVAと比べてしまうのですが。

ラインハルト、キルヒアイスともに

くせ毛が収まってる(笑)

あとはラインハルトが淡々としてる印象ですね。
そういうシーンを切り取っただけかもしれないですけど。

そしてヤン提督!お肌がツルツル(笑)
同盟軍の軍服がダルっとしてて、ゆるい。

戦闘シーンはなんだかとても期待できそうです。

今の公式の情報はまだまだ少ないですね。
続報が待たれます。

FEヒーローズにハマっています

FEヒーローズにハマっています。

学生時代にファイアーエムブレム烈火の剣をプレイしてから
ファイアーエムブレムが大好きです。

でもあまりにのめりこんでしまうので、
プレイしたことがあるのは

烈火の剣
封印の剣
紋章の謎
新・暗黒竜と光の剣
覚醒

のみです。(結構プレイしてる・・・)
他もプレイしてみたかったけど、
止められなくなるので、我慢我慢・・・

子供が生まれて、ゲーム卒業かと思いきや、
CMでFEヒーローズを目撃!

ポチっとアプリをダウンロード

最初は4人しか出撃できないの!?しょぼっ! とか
命中率とかないんだ、絶対当たっちゃうんだ とか

文句が多かったですが、
なじみのあるキャラが召喚出来たりすると嬉しくて、
ついついプレイしてしまいます。

そして戦闘BGMが懐かしい!
共鳴したことないけど「ミラの加護とともに」って曲はとてもいいですね。

おかげで娘が寝た時の貴重な自由時間が削られていきます・・・
漫画も描きたいのに・・・

でも、息抜きも大事ですよね。

ちなみに今のお気に入りは

リン(強い)
アイク(強い)
プリシラ(ルセアより使える・・・?)
エイリーク(可愛い)
レオン(烈光がいい!)
ルカ(横顔イケメン)

などなど。

でもやっぱり烈火の剣が一番好きなので、
烈火キャラびいきになってしまいます。

(あーでも覚醒もいいよね、ルキナとか、けなげで泣けます)

カナスとか、パント、ルイーズ夫妻とか
ファリナとか、ヒースとか出てこないのかな。
(召喚で当たってないだけかな)

ファイアーエムブレム無双とかも気になる・・・
でも出てくるキャラクターは最近の作品のが多いのかな。

ファイアーエムブレムもFFみたいに携帯アプリに
移植してくれないかなー絶対買うのに。
(そして時間が削られて後悔する)

シンガーソングライターBleu(ブルウ)がいい!

アメリカの歌手Bleuさんが好きです。
あのモミアゲの方です。

お世辞にも日本で有名とは言えないですが、
(検索しても「もしかしてBLUE?」となってしまうほど)

圧倒的な歌唱力と美声、キャッチーなメロディーが好きです。
本当、日本でもなんかのドラマの挿入歌にでもなれば、
人気になるのになーと勝手に思っています。
それくらい曲がいい、足りないのは知名度!

Bleuに出会ったのは学生時代。
スパイダーマンのサントラがきっかけでした。

このCDに入っていた「Somebody Else」という曲に感動し、
当時発売されていた「Redhead」購入。

このCDもいたく気に入って、好きになりました。
好きといっても私の好きはCDを聞くことだけで、
ライブとかには行ったことがないのですが。

L.E.OのCDもいいですよね。
聞いていたのは学生時代なので、自然とその頃の思い出とかも出てきて、
ちょっぴり切なくなります。

私が好きな曲を勝手にリストアップ

・I Won’t Go Hollywood
 歌詞が可愛いです。
・That’s When I Crash
・We’ll Do It Again
 前奏の「ドン・トト・ドン・トト・ドン~」だけで「あぁ~いい」となってしまいます。
 聞いた回数はたぶん一番多い。
・Watchin’ You Sleep

・Save Me
 叫びにも近い「Save Me~!」が心にぐっときますね。
 辛い時に感情移入してしまいます。
・Come ‘N Go
 前奏のピアノが美しい。そして裏声も心地いい。
・No Such Thing as Love
・Boy Meets Girl
・Kiss Me
 幸せな感じが伝わってくる曲。主題歌感がすごい。

・How Blue
 裏声の美しさに震えます(笑)切ないメロディーにもキュン。
・Dead in the Mornin’
 すごい題名ですが、疾走感があって好きです。
・Save It For A Rainy Day
 

自分の語彙力のなさにもびっくり(笑)
いい言葉が見つかったら、感想追加していきます。

2017年銀河英雄伝説の再アニメ化って・・・

※内容に銀河英雄伝説のネタバレが含まれます。ご注意下さい。

好きなアニメは?と聞かれたら、私は銀河英雄伝説と答えています。
パチンコをしている方では知っている方もいるのですが、
たいてい返答は「何それ?」って感じです。
アラサー女子は知らない子が多いです。
(今は藤崎竜さんで漫画も連載されているので、
前より知名度は上がっているかもしれませんが・・・)

私が初めて銀河英雄伝説を知ったのは、高校生の頃。
最初から見たのではなく、途中から見たのですが、面白い・・・

すぐにお年玉貯金を切り崩し、DVDBOXを手に入れて、一気に見てしまいました。
(当時の私からしたら、とてつもない出費でしたが、買わずにはいられませんでした)

まわりの友達は一切誰も見ておらず、完全に一人でハマって、一人で舞い上がっていました。
こんなに面白いものを知らないなんて、人生損しているなーとも思いました。
(完全に余計なお世話・・・)

実際、私は銀河英雄伝説にハマって、政治経済の成績が一気に上がりました。
趣味も実益も兼ねている・・・素晴らしい。

そんな銀河英雄伝説が2017年、アニメがリメイクされるらしい・・・

そんな話を聞いてからはや1年近く、この話って進んでいるんでしょうか。
はじめリメイクと聞いた時には、うれしいような、ちょっとこわいような・・・

多くの人と銀河英雄伝説を共有できる嬉しさと
旧作のアニメ版がとても好きなので、
その世界観が崩れてしまったら嫌だなという不安が・・・

公式サイトの田中芳樹先生のコメントに

「原作の小説でも、コミックでも旧作のアニメでも出来なかったことを、
思いきってやって下さい。」

とあって、ますますの期待と不安が・・・

ヤン提督がめっちゃイケメンになってたらどうしよう

キルヒアイスが無駄に生き延びたり

カリンがもっと早く出てきたりしそうだな・・・と
(カリンが早く出ることに関してはいいな~と思ったりする)

いや、やっぱり楽しみのほうが大きいですね!!

話は変わりますが、結婚後、のぶ夫に布教させるために改めて見たのですが、
高校生の頃に感じた印象が変わっていることに気がつきました。

例えば高校生の頃には、断然ヤン提督が好きで、
「ラインハルト?野蛮~」と思っていたのですが(ひどい)

年をとると、ことを成し遂げる行動力、信念の強さ、
その他もろもろ彼に備わった能力(統率力、カリスマ性等々)がすごいな~と。
私が会社という組織に属したからこそわかった、良さなのかもしれません。

今も昔も変わらず好きなのはビッテンフェルト。
勢いに任せてつっこんでしまうところはなんだか自分と重ねてしまいます。
(そしてそのあと怒られてしまうところも)

娘が大きくなったら、また改めて見たいなと思う作品の一つです。