クリスタ

クリスタで作成した漫画をpixiv用に加工する方法

クリスタで作成した漫画をpixivに投稿・・・できない!
容量オーバーで

pixivは1枚8MBまでとデータ容量が決められています。
私は8ページの漫画のうちの1枚がギリギリオーバーしてしまい、
投稿が出来ませんでした。

B5サイズでもダメ?

「カラー漫画じゃないし、そんなにレイヤーの数も多くないのに何故・・・」
レイヤーを結合させたりしてみたものの、容量はあまり変わらず・・・

「最初の設定が間違っていたのか、もしかして描きなおし?」
私は描く前にいろいろ調べてB5サイズで漫画を描いていたのですが、
それでもダメとな!?皆どうやって8MBをクリアしているんだ!?

↑赤枠で囲った部分でB5を指定

書き出し設定をいじればいけた!

「ページ基本設定を変更」や「作品基本設定を変更」の部分ばかりいじっていましたが、
実は「画像を統合して書き出し」をいじればいけました。

操作方法
・「ファイル」→「画像を統合して書き出し」→「.jpg(JPEG)」を選択
・「出力サイズ」欄の「元データからの各縮率」を選択、任意の縮小率を設定する
 (私の場合は90%でいけました)

↑赤枠で囲った部分です

作品自体のサイズはそのままに、JPEG形式にする際に縮小率を変えれば
いい話でした。描きなおしも発生せず、ほっと一息。

B5サイズで作成して、90%に縮小した作品はpixivに投稿してあります。
内容はともかくとして、吹き出しの文字も読めるサイズ感だと思います。

ご確認したい方は以下からどうぞ。

【クリスタ】瞳にグラデーショントーンを楽に貼る方法

グラデーショントーンってこなれ感が出て、なんかいいですよね。(個人の見解です)

特に私は瞳にグラデーショントーンを貼ってごまかしたい
素敵に見せたいので使用頻度高いです。

でもいちいち「レイヤー」→「新規レイヤー」→「グラデーション」

を選択していくのは面倒ですよね。

そこで私は選択範囲のツールバーに「グラデーション」を追加しました。

選択範囲のツールバーはこれのこと↓

その方法をご参考までに載せたいと思います。簡単です。

選択範囲のツールバーに「グラデーション」を追加する方法

①画面上部のツールバーから「表示」を選択
②「選択範囲ランチャーの設定」を選択
③「レイヤー」→「新規レイヤー」と開いていき、「グラデーション」を選択、追加を押下
④右上のOKを押下

これで選択範囲のツールバーに「グラデーション」が追加されます。

ついでに「トーン」も追加すると便利です。

グラデーションがそうじゃないよ!逆だよ!となる場合

上部が濃く、下部が薄いグラデーションを貼りたかったのに、
下の絵のように逆になってしまうことありませんか。
私は何度もあって、その都度イライラしていました。
その原因が判明しました。

赤丸で囲った部分が「白」が上、「黒」が下になっていますが、
これを「黒」が上、「白」が下に直して見てください。

上部が濃く、下部が薄いグラデーションになります。
めでたしめでたし。

よろしければこちらもどうぞ

【クリスタ】シュリンク選択が出来ない!? 2つのコツ



【クリスタ】シュリンク選択が出来ない!? 2つのコツ

髪の毛を楽に色を塗りたい。

 

そんな時は投げなわ選択でおおよそをくくって、消しゴムで消していく…

 

ではなくてシュリンク選択が便利です。

 

でも…

いくら囲っても思うようなところを範囲選択してくれない。
検索してもよくわからない。

そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。
クリスタ初心者な私もそんな一人でした。

調べて、実践して導き出したシュリンク選択のコツがありますので、
ご参考までに載せておきます。

シュリンク選択するための2つのコツ

塗り始めの絵はこんな感じ。

この絵の髪の毛をシュリンク選択で囲ってグラデーショントーンを貼りたいと思います。

まずは髪の毛のレイヤーだけを参照するようにします。

そして、シュリンク選択!
ポイントは赤丸で囲った2つの部分です。

①対象色が「透明部分のみ」になっている
②隙間綴じにチェックが入っている、かつ幅が最大になっている

特に②は重要です。
ここの幅が最小になっていると、例えば下の絵の赤丸部分のような
わずかな隙間が生じているとうまく選択してくれません。
クリスタさん無慈悲です。

2つのポイントが正しければ、おそらくうまくシュリンク選択出来るはず!


検索してもなかなかこの対処法が出てこないのは、

皆さん、線に隙間など生じないからですね、きっと。
はい、精進します。

ご参考になれば幸いです。

よろしければこちらもどうぞ

【クリスタ】瞳にグラデーショントーンを楽に貼る方法