出産

【0ヶ月】産後は尾てい骨痛が辛かった

出産も痛いことばかりでしたが、産後も痛いことばかりでした・・・

尾骶骨痛

個人的にこれが一番つらかったです。
座ったり、かかんだり、立ったりする度に痛く、精神的にも追い込まれました。

腹帯を骨盤に巻き付けると、幾分か痛みが楽になりました。
腹帯はゴムで伸縮性のあるものと、伸縮性のないバリバリっとマジックテープで
止めるタイプのもの2つ持っていたのですが、

バリバリさんが大活躍しました。
私の場合、腹帯で骨盤をぎゅーっと締めれば締めるほど楽でした。
なのでゴムさんの伸縮性という名の優しさは無用でした。
(妊娠中はゴムさんの優しさに助けられたのですが)

ゴムさん↓

バリバリさん↓

バリバリさんの代わりとしては、お宮参り等でいただくさらしでもいいかもしれません。
この時期の私にはとにかく緩まないことが重要でした。

トイレの度に巻きなおすのは、とても面倒でしたが、
この痛みから少しでも逃れたい一心で、しっかり巻き付けていました。

膀胱炎

悪露で生理用ナプキンを常につけていて蒸れたせいもあるのか、膀胱炎になりました。
もうただでさえ尾てい骨が痛いのに、膀胱炎にもなってダブルパンチでした。

出産した産婦人科で抗生剤を処方してもらい、薬を飲んでいたら治りました。

また蒸れないように悪露が少ない時にはナプキンではなく、ライナーをつけるようにしました。
あとはできるだけいっぱい水分を取ること。これを心掛けていました。
これは1週間とちょっとくらいで治りました。

乳頭の痛み

これも地味に辛かったです・・・
痛くて痛くて、乳首に血豆が出来ました。
しかもケア方法って油を塗ることしかできないんですよね・・・
ひたすら馬油塗ってました。

それと私の場合、出産直後はほとんど母乳が出ていなかったです。
出産4日目に母乳量を測ったら3gしか出ていませんでした・・・3gって・・・
それでも吸ってくれる娘。

助産師さんから「これから出てくるかもしれないから」と言われ、
ミルクをあげる前に、片側5分を目安に、母乳をあげ続けていました。

何度も挫折しそうになりましたが、
それでも助産師さんから「あげないと母乳は出てこないよ」と励まされ(?)
あげ続けていました。

そんな私でも産後1週間がたつと、なんとあふれるほど母乳が出てきました。
痛いの我慢してよかったと思いました。
(その後また出なくなるのですが・・・)
痛くても出ているかわからない産後すぐの時は、精神的にとても辛かったです。

産後1ヶ月経つとだいぶ楽に・・・

そんな辛かった体調の変化も産後1カ月も経つと、だいぶ楽になりました。
産後半年以上たった今では、何も痛みは感じませんし、
出産時や産後の痛みはすっかり忘れてしまっています。
あんなに苦しんだのに、人間って不思議ですね。

【出産報告テンプレ付】入院時に持っていくべきもの5つ

出産のための入院で何を持っていけばいいかわからなくなりますよね。
ここではあって便利だった!救世主!というものをご紹介します。

出産時便利だったもの

その1 ニーハイソックス

入院着はパンツの下に何も履かないのが基本ですが、スースーして寒くて、
体力が奪われていました。これが地味に辛い。

そこで夫に家にあるニーハイソックスを持ってきてもらい、履いていました。

陣痛中、助産師さんが子宮口の開き具合を見に来てくださるのですが、
ニーハイには何も突っ込まず・・・

あ、別にいいんだ ってことで、そのまま履き続けていました。

しかもそれでは足らず、ニーハイの上にふくらはぎまである靴下も履いていました。

そしてそのまま出産・・・
どんな格好で出産してるんだよ・・・

でもあるのとないのとでは大違いです。冷え性の方はオススメです。

その2 リップクリーム

入院してた病院は、とても乾燥していて唇がパリッパリになっていました。
陣痛中も気になって、

陣痛

耐える

唇ペロッ

水を飲む

が1セットでした。

唇ペロッいらん!!!

こりゃたまらんと、のぶ夫に持ってきてもらいました。
リップクリームさんは小さな存在ですが、私にとっては陣痛時のひと手間を減らす、
大きな存在でした。

その3 栄養補給食品(ゼリー)

陣痛が始まったのは夕方からで、夜ご飯は出していただいても、
痛くて痛くて食べられませんでした。

その状態で深夜になるとエネルギー切れで弱気になってきます。

なんか疲れてきた・・・もうダメだ・・・

というときに、食べやすい栄養補助食品があるとエネルギーチャージが出来て、

まだ頑張れる気がする!!!

と元気が湧いてきます。

出産前、助産師さんからはおにぎりやバナナもよいと言われていましたが、
その時の私は咀嚼さえも最低限で抑えたかったので、ゼリーはとてもよかったです。

産後便利だったもの

その1 出産報告メール(ライン)テンプレ

出産後、お世話になった方々への報告メール、ラインは入院中に済ませておくといいです。
私が作ったテンプレをご参考までに載せておきますので、よろしければお使いください。
※★の部分を適宜変更、また適宜改行願います。

**********************************************

<件名>
【報告】★(ご自身の名前)★無事出産の件

<本文>
お疲れ様です。★(ご自身の名前)★です。

掲題のとおり、無事に出産いたしましたので、ご報告いたします。

出産日時:★月★日(★曜日)★時★分
体重:★g
性別:★
名前:★ ★(読み方)★
状態:★(母子ともに健康等)★

この出産に関しまして様々なご配慮、およびご支援いただきまして、誠にありがとうございました。
お手数をおかけしますが、皆様によろしくお伝えいただければ幸いでございます。

出産の書類は★日頃に、郵送予定でございます。
お手数をおかけしますが何卒お手続きのほど、よろしくお願い致します。

以上、よろしくお願い致します。

**********************************************

その2 馬油

乳頭保護のためのクリームとして使いました。
乳頭保護クリームはいろいろありすぎてわからなくなりますよね。

コスパ重視、成分重視の私は、乳頭保護以外にも
使えるものはないか探した結果、馬油にたどり着きました。

実際、産後もお腹ケアクリームとして、赤ちゃんのお耳掃除油として、
リップクリームさん行方不明中の唇保護として、大活躍しています。
そしてなくなる気配がない。

番外編 入院中いらなかったもの

その1 本

入院時、どこかで暇な時間があるだろうと調子に乗って、
本を持ち込んだのですが、
結局一度も開きませんでした。

産んだ日の夜は母子同室ではなく、しかも産後ハイで眠れず、本を読んでもよかったのですが、
そうはせずその間に友達や職場の方々に出産報告をしていました。

今思えば、本当にこの時に報告していてよかった。
母子同室になったら、そんな暇とてもじゃないけどなかったです。

その2 メイク道具

入院中、皆バッチリメイクだったらどうしよう・・・と一応メイク道具を持って行ったのですが、

すっぴんの方、多かったです。

なので私も安心して、ずっとすっぴんでいました。
さすがに退院時はメイクする方も多かったですが、あとは帰るだけだしーということで、
私はメイクしませんでした。

メイク道具いらなかったです。(こうして女子力は落ちていく)

以上、ご参考になれば幸いです。