働きながらの妊活は大変ですよね。
仕事でクタクタのところ、妊活も考えなければいけない。

私たち夫婦も赤ちゃんを授かるまでに約1年半かかりました。
実施した妊活方法はタイミング法だけです。
(結局私には合わず、途中でやめましたが)

ここでは授かるまでに実践した、5つのことをご紹介します。

 

その1 基礎体温を測ることをやめた

毎朝、基礎体温を測っていましたがやめました。

検温はわずかな時間でしたが、面倒。
それをまた予測アプリに入力するのも、面倒。

面倒くさがりの私にとってはストレスでした。

そして頑張って検温、記録を続けても一向に結果が出ない。
今日だ!という日に仲良ししても、結局生理が来てがっかり・・・
ということが続いて、もう嫌になっていたというのもあります。

私には合わない妊活方法だったのだと思います。
妊娠が判明した時は、逆に排卵日を意識しないようにしていた時期でした。

しかし、排卵しているか知るために産婦人科に相談に行った時には
検温、記録が役に立ちました。

婦人体温計(基礎体温計)は1本は持っておいた方がいいです。
オススメは過去測った体温が記録されるタイプのものです。

毎朝記録せずに、週末まとめて記録することが出来ます。

ちなみに唾液で排卵日がわかるというものも使ったことがありました。
確かに排卵日近くに使用すると結晶(?)の形が変化して「おおっ」と思いました。
ご興味のある方はぜひ。

あす楽 半永久的使用可 排卵検査薬 排卵日検査薬 プチアイビス専用除菌剤付き 期間限定送料無料!排卵日チェッカー 排卵日検査 妊娠したい 妊娠するには 妊活 妊娠しやすい日【RCP】

その2 異動願いを出した

当時は私にとって激務で、夜ご飯も毎日外食という日が続いていました。
それがストレスでした。私が思い描いていた結婚生活とは違うなと。
毎日へとへとで帰ってきては、仲良しもできません。

外食はお金もかかるし、塩分も気になる・・・そこでふと
何のために仕事をしているのだろうと思いました。

私は仕事大好き人間!ではなく、あくまで生活のために仕事をしている人間なので、
その大切な生活が仕事に脅かされていると気がついたとき、
なにかがプツンと切れた感覚がして、涙が止まらなくなりました。

そこで思いきって定時で帰ることが出来る部署に異動願いを出しました。
理解ある上司に恵まれ、異動が叶いました。
ちなみに妊娠が発覚したのは異動してすぐのことです。

仕事より、家庭人としての生活が大切だということを自分自身の中で明らかにした。

そしてそれを上司に告白、異動願いを出したことで心のモヤモヤが晴れたのが、
一番大きかったのではと思います。

もしかしたらこの決断で将来のキャリアが狭まってしまったかもしれないとも思いますが、
その時はその時。その時の私が頑張ってくれると思います。たぶん。

その3 ルイボスティーを毎日飲んだ

ネットでルイボスティーが妊活によいと知り、飲んでいました。
なんでも体を温める効果があるんだとか。冷え性の私にはぴったり。
お茶好きの私には苦なく続けられました。ちなみに産後の今でも愛飲しています。
癖のない味が食事にも合わせやすく、とても好きです。
ミルクとお砂糖を入れて。ミルクティーみたいにしても美味しいです。

アマゾンでこの商品をまとめ買いしています。↓↓
このティーバックをマグカップに入れて飲んでます。
お湯を継ぎ足して、3杯くらいは飲めます。

その4 葉酸サプリを飲んだ

葉酸サプリは妊娠してからでもよいかとも思いましたが、
当時の食生活に自信がなかったため、栄養サプリがわりに飲んでいました。

私が飲んでいたのはベルタ葉酸です。
ネットとかでもめっちゃ出てきますよね(笑)
自然由来の成分にこだわったら、これにたどり着きました。
飲みにくい、変な味がするとの声もネットに載っていましたが、私は気になりませんでした。
基本毎月送られてくるのですが、飲み忘れて余ってきたとき、簡単に止めることも出来ます。
オペレータの方も親切で丁寧な対応をしてくださいます。



どうでもいいことですが、毎月プチプチの袋に入れて送られてくるのですが、
これがメルカリの商品包装にめっちゃ便利です。はい、余計でした。すみません。

その5 引っ越しをした

当時住んでいたアパートは間取り、広さともに気に入っていましたが、
環境(治安)が気になっていました。そういうものって毎日気になってしまうもので。
知らないうちにだいぶストレスになっていたようです。

昼間から奇声をあげながら自転車で走り去るおっちゃん・・・
自販機の下や釣銭の口を点検してまわるおっちゃん・・・
自分に害はないものの、ちょっとこわかったです。
あとは街灯が少なく、夜道が暗いというのもこわいポイントでした。

そこで思いきって引っ越しをしました。かなり大きな出費でしたが、
気に入った環境に引っ越すことができました。
夜道に何度も背後を振り返りながら帰宅、ということもなくなり、
外出ストレスフリーになりました。

のぶ夫とはだいぶもめましたがね!!(笑)

 

他にも、妊活モチベーションを下げないように、生理が来たら何か買う(コスメ、服など)
今を楽しもう!と我慢していた髪染めをする、ということもしました。

妊娠のための妊活ではなく、今の自分を整理する妊活がよかったのではないかと思います。
妊娠は人生の一大事。それを迎える前に今の自分の状況を把握して、
ストレスが溜まっているなら、それを軽減することに努める。

またこれからの自分はどうしたいのか(キャリア、居住地等)を考えることが
妊娠につながったんではないかと思います。