※3月14日放送の相棒シーズン16のネタバレが含まれます。ご注意ください。

実は(?)相棒大好きなんです。右京さんのキャラが好きすぎて、再放送なんかも欠かさず録画してるんですが…

まあそれは置いておいて、先日3月14日の相棒シーズン16最終回よかったです!何がよかったかって、大阪のアニキ役遠藤雄弥さんがかっこよかった!

ナニワ金融道とかのドラマも好きなんです。もともと大阪のそーいう方々が活躍するのが好きで、今回もほほえましく拝見してたんですが、んーよかった!取調室で伊丹さんに正論吐くとことか特にかっこよかった!ナイスメガネ!青いマフラーが素敵。もう片方の方(大賀太郎さん)の方が大阪のそーいう方っぼかったですが、遠藤雄弥さんのインテリ系にぐっときてしまいました。調べたらD-BOYSの元メンバーなんですね、かっこいいわけですね。

語彙力のない褒め記事はつまらないので、最終回の感想でも…

最後までハラハラドキドキでした。一緒に見てた夫も「早く!次、次」って感じで(録画だったので)。中園さんがコミカルさが増してて、いろんな意味で輝いてましたね。お医者さんに診てもらっているシーンが可哀想&可愛い。ラストはまさかの青木さんが犯人。意外でした。青木と見せかけて実は衣笠さんでしょって最後まで思ってたんですが、エンディングが流れたんで、あれーそうなんだって感じでした。

青木さんが犯人ってなった時の衣笠さんが「そういえば〜」って語り出す感じがわざとらしかったんで、衣笠さん真犯人、青木さんは下っ端らしく上(恩人)をかばって警察嫌いが加速、ダーク青木へ…の伏線かと思ったので。まぁ邪推でしたね。ということは次のシーズンは3人の特命係でしょうか。面白そうですね。楽しみです。

…そういえば前回の相棒も面白かったです。加藤清史郎くんの回。相棒版「君の名は」って感じで。相棒最高です。また記事書きます。(たぶん)